ホルモン剤の働きを確認しましょう!

プラノバール、という薬はホルモン剤の一種で様々な女性ホルモンの周期を変化させることで症状の改善、緩和や逆にとあることをしないようにするという効果がある物です。

このプラノバールという薬がどんな効果を持っている物なのか、そしてどんな時に使われるものなのか、ということについてを詳しく解説していきましょう。

小粒のホルモン剤のイメージ

プラノバールの効果について

プラノバールは卵胞ホルモン、俗に言うプロゲステロンと黄体ホルモン、俗に言うエストロゲンの二つのホルモンを配合したホルモン剤で、中容量ピルとも呼ばれています。

月経の異常や、更年期障害、卵巣機能不全などの改善に用いられる薬とされています。それぞれ、プロゲステロンには基礎体温を上昇させ、子宮内膜を維持し、乳腺を発達させるという効果がありますね。

こちらは、謂わば妊娠しやすい体にしていくという効果がありますので不妊治療に効果がある成分ですね。また、それに伴いバストアップ効果を期待する事が出来るとも言われています。

もう一つの配合された黄体ホルモン、つまりエストロゲンには卵胞の成熟を促進させ、受精卵の着床を助けるために子宮内膜を厚くするという効果があります。

ほかにも、精子が子宮の中に入りやすくするために頚管粘液の分泌を促進させたり自律神経や感情の動き、脳の働きを調整してくれるという効果もありますね。

ほかには、死t内的には骨の形成を促進させて血管の収縮を抑制してくれるという働きがあり、プロゲステロンとは逆に基礎体温を低下させる働きも見られます。

エストロゲンは主に生理周期の安定効果があるほか、美肌や体つきなどを女性らしく保つための女性ホルモンとしても有名ですね。

プラノバールについてさらに深掘り!

プラノバールは、主に月経不順の改善や卵巣機能不全などの解消、不妊治療などに使われる事が一般的です。しかし、其の逆にプラノバールというホルモン剤には避妊の効果も持っている薬なんです。

だから、実は避妊薬としても使う事が出来るんですね。プラノバールを避妊薬として使う場合の解説をしていきましょう。

ホルモン剤を並べて作った♀マーク

避妊薬としてのプラノバールの使い方

プラノバールを、避妊薬として使う場合はまず予め生理開始のおよそ5日前くらいから服用を開始するのがいいですね。昨今、よく使われている低用量ピルとは服用の仕方が変わりますのでその点に気をつけてください。

プラノバールの服用は、低用量ピルと違い決められたサイクルの中で服用を続けるようにしないと、不正出血の原因になってしまったりすることもありますので注意が必要です。

避妊効果と飲み忘れ対策

初めて服用をし始めた場合は、およそ避妊効果が現れるのは一週間後程度先ですね。つまりは、一週間前以上からは服用し続けていないとちゃんと下避妊効果が現れるわけではないのです。

生理が始まる日から5日目を服用の初日にした場合はそっから一週間後から避妊の効果があるとされていますね。そして、万が一プラノバールを飲み忘れてしまった場合ですが低用量ピル程日数にシビアではありませんので、例えば数時間や一日程度の飲み忘れの周期ズレ程度ならば特に問題はありません。12時間程度なら問題はないでしょう。

『ホルモン剤の働きを確認しましょう!』のまとめ

プラノバールは、避妊効果もありますがそれはあくまで服用を続けているからです。不妊治療にも使われている物なので、万が一飲み終わりの時期が重なってしまった場合逆の効果が出てしまう場合もありますので飲み終わりも医師の指導の元決めましょう。

参考>>オエストロジェル http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/oestrogel.html

投稿日:

Copyright© ホルモン剤の効果を100%引き出す , 2017 All Rights Reserved.