注射器

未分類

月経不順と更年期障害とホルモン剤

投稿日:

特に婦人家計の疾患に対する治療方法の1つとして「ホルモン治療」というものがあります。具体的にいうと、ホルモン剤を使ったものになるのですが、どのような治療に使われることが多いかについてはご存じない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ホルモン剤の種類と効果についてみていきたいと思います。

月経に関する治療に使用するホルモン剤

月経不順や月経前症候群などの治療に使われるホルモン剤から触れていきましょう。経口避妊薬の「ピル」といえばお分かりいただきやすいかもしれません。

これは、エストロゲンやプロゲステロンというものが配合されており、これらを増やすことによって体内でのホルモンの分泌をストップさせることが出来るのです。

このピルに関してですが、プロゲステロンの種類によって第一世代から第三世代にまで分けられているのが特徴のひとつでしょう。

また、ホルモンの配合量が一定のタイプと徐々に増やしていくタイプに分かれています。

更年期障害の治療に使用されるホルモン剤

エストロゲンやプロゲステロンの分泌量というものは「加齢」とともに減少してしまいます。そのこのとによって体内に変化がおきてしまい機能的についていけないということがあるのです。

これが、さまざまな不調として現れてしまうのが「更年期障害」です。自然減少の1つでもありますが、ひどい場合・生活に支障をきたすという場合にはホルモン剤を使用し症状を緩和させるのです。

この方法が「ホルモン補充療法」と呼ばれるものであり、症状や体質によってエストロゲン単体かプロゲステロン単体、その双方を一緒に投与するというスタンスになります。

経口薬タイプから貼付薬タイプ・シップタイプなどもありますので、個々の症状にあわせて選択できるようになっているのです。

-未分類

Copyright© ホルモン剤の効果を100%引き出す , 2017 All Rights Reserved.