ホルモン剤を投薬中

未分類

更年期障害と不妊治療と性同一性障害とホルモン剤

投稿日:

ホルモン剤を使用した治療方法または投薬方法というものはいくつか存在しています。多くの方が認識しているものですとやはり「経口投与」としてのホルモン剤かとも思います。

そのほかのものとして代表的なアプローチが「ホルモン注射」というものになるのです。では、どのような症状の場合にホルモン剤を注射としてしようするものなのでしょうか。

更年期障害の治療として

女性の場合は50歳前後に一般的には閉経を迎えるといわれています。この前後約10年を「更年期」と読んでいるのですが、この時期になると女性ホルモンは急激に分泌量が減少してしまうのです。

これは、自然現象ではあるものの、不正出血や冷え・のぼせ、または無気力や精神不安定などの不調がみられそれらが生活の支障となってしまうケースもあるのです。

そうした場合、それら症状を緩和させるためにホルモン注射として女性ホルモンを補う治療が取り入れられるのです。

不妊の治療として

不妊の原因によっても異なってくることなのですが、卵子が育ちにくい状態に陥る原因の1つして「ホルモンバランスが乱れてしまうから」というものがあります。

ですから、排卵期になっても卵子が出てこないという場合においては、女性ホルモンを注射として取り入れることで改善を目指していくのです。

性同一性障害の治療として

こちらは近年において認知度が高まっているものといえるでしょう。生物学的・自己意識それぞれの性別が不一致状態にあるというのがこの性同一性障害なのです。

こちらが診断された場合においても、女性ホルモンを注射として投与するケースがあるのです。このことでどのような作用があるかといえば、女性の持つ「丸みを帯びた身体」に近づけることが出来るといわれているのです。

ただし、性同一性障害の場合には精神療法から入る場合も多く、その次の段階としてこのホルモン注射療法が行われているようです。

-未分類

Copyright© ホルモン剤の効果を100%引き出す , 2017 All Rights Reserved.